満月を三日月まで追いかけた旅人

「欲求」のことを好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。興味のない人も。君にとっての「カレ」って、どんな感じ?
ページの先頭へ
トップページ >

息もつかさずお喋りする君と花粉症

動物を見るためにたいそうたんまり歩く動物園は、8月は大変蒸し暑くて疲れる。
友達の家族と自分と妻と子供ともども共に入園したが、非常に蒸し暑くてつらかった。
たいそう暑すぎるので、猿もゾウも他の動物も大多数が動いていないし、遠くの日陰に姿を潜めていたりで、非常に観察出来なかった。
この次は、クーラーのきいた水族館などが蒸し暑い夏はいいかもしれない。
子供が小学生になったら夏期限定の夜の動物園や水族館も雰囲気が違って楽しめそうだ。

怒って踊る姉ちゃんと横殴りの雪
友達のアパートのベランダで育っているミニトマトは、不幸な運命かもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、ワクワクしながらリンゴジュースをプレゼントしたり、だし汁をあげたり。
泥酔の私たちに、熱燗を与えられた時もあり。
トマトの親である友達は、今度興味でトマトジュースを与えてみたいという。
私たちの中でトマトの心は完全に関係ない。

無我夢中で歌う家族と飛行機雲

新入社員の頃に、知識がなく、ちょっとしたごたごたを誘発してしまった。
気にすることはないといってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の仕方も分からず、落ち込んでしまった。
若いお客さんが、スタバのラテをあげる、と言ってくれた。
間違って2個も頼んじゃってさ、と言いながら別の種類のドリンク2つ。
高身長で、細身で、とても豊かな顔つきをした人。
ありがたかったな、と思い出す。

勢いで自転車をこぐ君とあられ雲
私は前から、肌がまったく強くないので、ちょっとしたことでトラブルが起きる。
そして、ボディーシャンプーの素肌にこびりつく感覚が好ましくない。
しかし、真冬はかなりしっかり乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使用している。
この商品のびっくりする部分は、料金が非常に高く、買うのに勇気がいるところ。

雨が上がった平日の夕暮れに焼酎を

おじさんがこのごろ釣りに出向いたらしいが、少ししかかからなかったらしい。
小魚がうじゃうじゃで、フカセ釣りがしにくかったらしい。
だが外道だがイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、いいなと思う。
どんだけ前かわけてもらってすぐに食べたがめちゃめちゃ好みだった。
おいしくて大物がいると知ったら楽しみでしょうがないが、もう少し我慢して今度だ。

笑顔で話す兄さんとわたし
業務で着るスーツスカートを手に入れに向かった。
コムサなどフォーマルなところも憧れるけれどギャル系のお店もありだと思う。
若くてはつらつとした女性服のファッションビルで、ラインが強調される服が多いのが特徴。
価格は店によって違いが表れるが、大体は安め。
そこで、購入する物を選んでいたが、細身の物が多く置かれていた。
着用後、なんとなく色っぽく見えるような気がする。
良い服選びができて、ちょっとラッキーだった。

気分良くダンスする兄さんとわたし

盆でも実家から離れて住んでいるとほとんど感じることがないが、少なくとも、仏壇へのお菓子くらいはと考え本家へ届けた。
実家に居たら、香を握りしめて祖の出迎えに行って、お盆やすみの終わりに送りに行くのだが、離れているので、そう遂行することもない。
隣近所の方々は、香を持ち墓前におもむいている。
そんな状況が目にとびこむ。
ふだんより墓所の近辺にはいっぱいの乗用車が路駐されていて、人もめちゃめちゃ多く目に入る。

勢いで大声を出す家族とオレ
きょうは、一カ月ぶりに大雨になった。
ウキ釣りの約束を甥としていたのだけれど、雷がなっているので、さすがに危なそうで行けそうになかった。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行ける道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会にと言って釣りざおなどをなおした。
来週は雨じゃないみたいだ。
なので、次こそ行ってみよう。
次の機会にと言って釣り道具をなおした。
明々後日からは晴れが続くそうだ。
その時は、今度こそ行こうと思う。

泣きながら跳ねるあの人と壊れた自動販売機

たばこは脳に良くない。
と、分かっていても買ってしまうらしい。
社会人になりたての頃、仕事の関係で会ったデザイン会社の社長であるおじさん。
「身体が丈夫なのは喫煙と酒のおかげです!」なんてはっきり話していた。
こんなに堂々と聞かされると無駄な脱ニコチンは無しでもいいのかもしれないと思う。

騒がしく走る友達とあられ雲
性能の良いカメラも、めちゃくちゃ好きだけれど、それを抜きにしても極め付けと言えるくらい気に入っているのがトイカメラだ。
4000円持っていればちっちゃい物が簡単に所有できるし、SDがあるならPCですぐに見れる。
現実味や、感動の一瞬をシャッターに収めたいなら、性能のいいカメラが似合うと思う。
しかし、その空気感や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメには何にも負けないと思案する。

カテゴリ

カテゴリ

Copyright (c) 2015 満月を三日月まで追いかけた旅人 All rights reserved.